相続の申告を税理士にお願いするメリットって?

自分でもできるけど

相続税の申告は個人でも行うことは可能なものです。税理士に依頼すると当然税理士に支払う費用などが必要になりますので、自分で行いたいと思う方もいるでしょう。しかし、自分で相続税申告を行うよりも税理士に依頼した方がメリットが大きいと考える方も少なくありません。では、税理士に相続税申告をお願いすることにより得られるメリットというのはどの辺りにあるのでしょうか。そのメリットを知ることで自分でするか税理士に依頼するのか決めるポイントにすることが出来ます。

お任せできるのでラクラク

税理士に相続税申告を依頼するメリットはやはり楽であるということです。専門的な知識があるのならまだしも、そうではない場合は書類の作成だけでも大変ですし修正などが必要になるケースも少なくありません。税理士に頼めば戸籍や印鑑証明書を取得するくらいで後のことは全てやってくれるんですよ。また、税理士は他の弁護士や銀行などに依頼する場合と比較して費用が安価ですし、税理士によっては無料で相談に乗ってくれる場合もあるのです。

結局安くなる可能性もある

それでも自分でやる場合と比べて10万円から20万円は必要になるので自分でやりたいと思う方もいるでしょう。しかし、不慣れな人が行い申告に誤りがあった場合などは相続税の追徴と延滞税が必要になることもあるので、結局高くつくということもあるのですね。さらに税理士であれば税務署から指摘を受けない範囲で評価額を下げてくれたり修正申告のリスクも低くなりますよね。他にも計画的な生前贈与など様々な対策も相談に乗ってくれるのでコスパに非常に優れていると言えるのです。

相続の申告を税理士に依頼するために、コストパフォーマンスの良い相談対応が行われている事務所を選ぶことがコツです。